おきなわ工芸サポーターズWEB

工芸組合

沖縄県三線製作事業協同組合

沖縄県の伝統工芸品である三線の普及事業として、三線文化の魅力を発信、県内産三線のブランド化を進めており、沖縄の芸能文化の中心的存在として今日まで脈々と受け継がれてきた三線の技と心を次の世代へ繋げていくため「普及」「育成」「品質」をキーワードに、誇りと責任を持って組合活動を行っている。

基本情報

代表者名渡慶次道政
設立年月日平成22年4月16日
組合員数16名
主な事業組合員の取り扱う商品の共同販売に関する事業
組合員の取り扱う商品の販売促進に関する事業
共同購買に関する事業・共同検査に関する事業
教育及び情報の提供に関する事業
組合員の福利厚生に関する事業
前各号の事業に附帯する事業
主な所属団体・財団法人伝統的工芸品産業振興協会
・沖縄県中小企業団体中央会
・一般社団法人 全国邦楽器組合連合会
Instagramhttps://www.instagram.com/34kumiai/
Facebookhttps://www.facebook.com/sanshinkumiai/
関連サイトブログ
https://okinawa34.ti-da.net/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC5ZJiJnBAjeYJS0zL…
BUZZ VIDEO
https://www.buzzvideo.com/user/6829458620448834565…
LINE
https://page.line.me/888mtybv?openQrModal=true

沿革

平成18年(2006)沖縄県三線製作事業協同組合準備会を立ち上げる。
平成20年(2008)同会による第1回三線製作技能展開催。
平成22年(2010)沖縄県三線製作事業協同組合(法人化)を設立。
平成24年(2012)11月30日付で「三線」が沖縄県伝統工芸製品に指定、翌年7名の県工芸士誕生。
平成30年(2018)11月7日付で「三線」が国の伝統的工芸品に指定。
令和2年(2020)3名の県工芸士誕生

SNS情報

twitter

facebook

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

受付時間:月~日曜 10時~18時

メールでのお問い合わせ

組合情報

工芸品情報

アクセス情報

〒902-0067
沖縄県那覇市安里360-7 和光マンション1階

モノレール:ゆいレール線安里駅より徒歩7分
車:那覇空港から一般道で約20分
バス:安里一区停下車 徒歩3分
   メディカルプラザ大道中央停下車 徒歩5分

沖縄工芸振興センター

文化産業として受け継がれてきた工芸の振興を図る
ことを目的とした沖縄県の技術支援機関です

沖縄県の工芸産地をご紹介

沖縄県の工芸品について紹介しています。
誕生した背景や産地・原材料などの情報が掲載されています