おきなわ工芸サポーターズWEB

工芸組合

知花花織事業協同組合

沖縄市主導の下、基礎研修制度を開始。2000年12月に知花花織研究会を発足。その後、従事者の増加に伴い2008年9月に知花花織事業協同組合を設立。継続的に後継者育成事業も行い、知花ウスデーク衣裳の製織、帯地・着尺等の和装商品や二次加工品、かりゆしウェア用の洋装地などの製織販売も行っている。

基本情報

代表者名神田尚美
設立年月日平成20年8月25日
組合員数60名
主な事業・共同購買事業(原材料等の仕入)
・共同販売事業(商品の共同販売)
・共同検査事業
・共同利用施設運営管理事業
・技術改善向上教育情報事業
・後継者育成事業
・製品開発事業
主な所属団体・財団法人伝統的工芸品産業振興協会
・沖縄県中小企業団体中央会
・NPO法人沖縄県工芸産業協働センター
・沖縄市観光物産振興協会
・沖縄市工芸産業振興会
Instagramhttps://www.instagram.com/chibana.hanaori/
Facebookhttps://www.facebook.com/chibanahanaori/
関連サイトショップ
https://shop.chibana-hanaori.com/

沿革

2008年知花花織事業協同組合発足
2011年沖縄県伝統工芸製品指定
2012年経済産業大臣指定 伝統的工芸品指定
2017年「知花花織」地域団体商標登録

SNS情報

facebook

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

組合情報

工芸品情報

アクセス情報

〒904-2143
沖縄県沖縄市知花5丁目6番7号

路線バス:知花バス停から徒歩で約5分 (那覇バスターミナルから琉球バス90番 知花線下り具志川向け)
車:沖縄自動車道 沖縄南ICから約10分 
車:那覇空港から車(一般道)約60分

沖縄工芸振興センター

文化産業として受け継がれてきた工芸の振興を図る
ことを目的とした沖縄県の技術支援機関です

沖縄県の工芸産地をご紹介

沖縄県の工芸品について紹介しています。
誕生した背景や産地・原材料などの情報が掲載されています