おきなわ工芸サポーターズWEB

工芸組合

八重山花織事業協同組合

本組合理事長が、人頭税の頃は、ティサージの産地として4万反も織られていた歴史があり、連綿と続いた八重山の織物の歴史上で途絶え、消えていった花織技法で織る八重山花織のわざを残したいと、花織の技法を沖縄県工芸指導書(当時)に巡回指導を受け八重山花織がスタートした。事業に賛同する人々が興した集まりである。
組合は組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同作業を行い、これをもって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。

基本情報

代表者名髙嶺幸子
設立年月日平成17年3月18日
組合員数9名
主な事業・原材料の共同購買(原材料の仕入れと供給)
・製品の共同販売(問屋への共同出荷)
・指導事業(後継者育成事業)助成事業、自主養成事業
主な所属団体・沖縄県中小企業団体中央会

沿革

平成17年組合設立(組合員数9人)
平成20年4月後継者育成事業着手
沖縄県労働局育成事業にて1年間5人の織物工を育成
2021年令和3年10月八重山みんさ、花織の織子養成石垣市助成事業をうける

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

組合情報

アクセス情報

〒907-0024
沖縄県石垣市新川1129-2

新石垣空港から車で約25分。
バス:川平リゾート線みね屋前下車0分

沖縄工芸振興センター

文化産業として受け継がれてきた工芸の振興を図る
ことを目的とした沖縄県の技術支援機関です

沖縄県の工芸産地をご紹介

沖縄県の工芸品について紹介しています。
誕生した背景や産地・原材料などの情報が掲載されています