おきなわ工芸サポーターズWEB

工芸従事者

照屋 勝武

1953年、石川市(現うるま市)生まれ。
19歳の頃、三線職人であった父、照屋勝市に師事。胡弓の師範免状と三線の教師免状を持つ実演家でもある。
父の跡を継ぎ、照屋勝市三味線店2代目店主として、照屋勝武三線店を営む。
生涯現役を貫き通した先代の心を伝えられる職人を目標に、日々精進しながら三線製作、演奏の両面で後進の育成にも熱心に取り組んでいる。

基本情報

名前照屋 勝武
認定沖縄県工芸士
カテゴリ三線

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

所属組合

沖縄工芸振興センター

文化産業として受け継がれてきた工芸の振興を図る
ことを目的とした沖縄県の技術支援機関です

沖縄県の工芸産地をご紹介

沖縄県の工芸品について紹介しています。
誕生した背景や産地・原材料などの情報が掲載されています