おきなわ工芸サポーターズWEB

工芸従事者

譜久山 勝

1949年与那国町生まれ。
20代半ばから八重山民謡を学び、(故)大濱安伴、宮良康正両氏に師事、教師免状を持つ。
1987年度とぅばらーま大会優勝。
1988年から本格的に三線作りを始める。
1989年八重山古典民謡保存会教師免許・琉球民謡協会教師免許取得。
独学で技を磨き、演奏者の立場に立ったシビアな三線作りを目指し、日々精進している。

基本情報

名前譜久山 勝
認定沖縄県工芸士
カテゴリ三線

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

所属組合

沖縄工芸振興センター

文化産業として受け継がれてきた工芸の振興を図る
ことを目的とした沖縄県の技術支援機関です

沖縄県の工芸産地をご紹介

沖縄県の工芸品について紹介しています。
誕生した背景や産地・原材料などの情報が掲載されています