おきなわ工芸サポーターズWEB

工芸従事者

奥田 武

1943年、三重県生まれ。
中学卒業後、15歳で大工として修業を始める。以後、働きながら木工や漆塗りの腕を磨くとともに、木への造詣を深める。
1974年、来沖。1984年頃、西表島へ移住。
八重山古典民謡の教師免許を取得した友人へのお祝いに三線を製作。それを機に、工芸品と楽器のふたつの顔を持つ三線の奥深さに目覚め、独学で技を磨き、20年ほど前に店を構える。
棹のみならず、チーガやカラクイといったパーツも全て手作り。また、漆塗りも自ら行い、摺り漆の技法を駆使した妥協のない三線作りを目指している。

基本情報

名前奥田 武
認定沖縄県工芸士
カテゴリ三線
関連サイトブログ http://sansinya.blog.fc2.com/

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

所属組合

沖縄工芸振興センター

文化産業として受け継がれてきた工芸の振興を図る
ことを目的とした沖縄県の技術支援機関です

沖縄県の工芸産地をご紹介

沖縄県の工芸品について紹介しています。
誕生した背景や産地・原材料などの情報が掲載されています