おきなわ工芸サポーターズWEB

工芸従事者

平良敏子

大正10年(1921年)沖縄県・大宜味村の喜如嘉(きじょか)生まれ。
芭蕉布の生産が盛んな喜如嘉村で幼少期より母の指導をうけ、木綿、絹の糸績みや機織りを技術を習得。
岡山県にて外村吉之介氏に師事し、昭和38年(1963年)に自身の「芭蕉布織物工房」を開く。
平成12年(2000年)、芭蕉布の人間国宝に指定(重要無形文化財保持者)。

基本情報

名前平良敏子
認定人間国宝
カテゴリ織物

所属組合

沖縄工芸振興センター

文化産業として受け継がれてきた工芸の振興を図る
ことを目的とした沖縄県の技術支援機関です

沖縄県の工芸産地をご紹介

沖縄県の工芸品について紹介しています。
誕生した背景や産地・原材料などの情報が掲載されています