おきなわ工芸サポーターズWEB

工芸品検索

煮綛芭蕉布 名刺入れ

貴重な糸芭蕉の染め糸をふんだんに使用した 煮綛(ニーガシ)芭蕉布 の名刺入れ(カード)入れです。貴重な煮綛芭蕉布を使用している為、芭蕉布の色や柄は一点ごとに異なります。

シンプルなつくりながら、色鮮やかな芭蕉布が目を引くデザイン。
ポケットは全部で3つ。メインのポケットはマチ入りで、容量も抜群です。
小さなポケットも一般的な名刺が入るサイズです。

使用している芭蕉布は「煮綛(ニーガシ)芭蕉布」と呼ばれています。

煮綛芭蕉布とは琉球王朝時代、琉球の王族や氏族など位の高い人のみ着用が許された芭蕉布です。
上質で貴重な布です。

原材料の糸芭蕉を育てるところから始まる“芭蕉布”づくり。
全工程を全て手作業で行います。
化学染料は一切使用せず自然の染料を用いています。

素材:煮綛(ニーガシ)芭蕉布
《染料》
青:琉球藍
茶:相思樹
黄:福木
赤:インド茜

基本情報

名称煮綛芭蕉布 名刺入れ
カテゴリ工芸縫製
素材芭蕉布
青系

沖縄工芸振興センター

文化産業として受け継がれてきた工芸の振興を図る
ことを目的とした沖縄県の技術支援機関です

沖縄県の工芸産地をご紹介

沖縄県の工芸品について紹介しています。
誕生した背景や産地・原材料などの情報が掲載されています